インクジェット方式の3Dプリンター開発の課題

インクジェット方式の3Dプリンターを実現する課題として、調整すべき変数がとても多いということがあります。

インクジェット方式の3Dプリンターに共通する技術開発の課題として、

造形がうまくいかず崩れる

造形中に形状が歪んでしまう

造形物の強度が足りない

等があります。

うまくいかないのはインクジェットヘッドの吐出設定の問題なのか?造形材料の問題なのか?
着弾制御の問題なのか?熱源の性質なのか?チャンバー内の温度分布の問題なのか?

造形材料がUV硬化樹脂であれば硬化のための照射時間・波長・光源とワークの距離などを調整する必要があるでしょう。

造形材料が金属であれば焼成温度・焼成時間の問題等も考慮が必要です。

いくつもの条件が絡み合うため、問題の原因を特定することは困難さがあるでしょう。

問題の原因を特定する

まず論理的に解を導き出せるところから特定していくことをお勧めしています。
それは、インクジェットの吐出設定の最適化です。

インクジェットでの製品開発にはいくつかのセオリーがあります。 例えば、飛翔液滴を安定させる必要があり、そのための周波数は観測を行なうことでロジカルに導き出せます。

インクジェット方式3Dプリンター開発に
最適なソリューションが充実

3Dシューティング

積層造形の精度を高めるために、着弾位置の誤差を測定されたいと思います。
3Dシューティングを導入すると、カメラと光源のセットを複数利用し、立体的に飛翔する液滴を観測することが可能です。

安定性の高いインクジェット3Dプリンター開発を実現するために、産業用インクジェットヘッドから吐出される微小な飛翔液滴を観測するシステムであるjetXpertをお勧めいたします

3Dプリンターの種類

インクジェット方式3Dプリンター

造形がうまくいかない原因は、インクの問題でしょうか、吐出設定の問題でしょうか、チャンバー内の温度分布の問題でしょうか。

UV硬化樹脂を用いるインクジェット方式3Dプリンターの開発において、jetXpertは安定した造形を成功させるための条件探索を加速します。

金属3Dプリンター

金属造形がうまくいかないのは、インクの問題なのか、焼成温度・焼成時間の問題なのか、それとも吐出設定の問題なのか。効率的にテストをするための観測ソリューションを提供します。

バイオ3Dプリンター

細胞を重ねて生体材料を造形するバイオ3Dプリンターは、最適な条件を探りながら造形を成功させる必要があります。
吐出速度の調整・着弾制御・細胞のノズル詰まりへの対応等、統合的に観測する機能を持つ当システムの利用を推奨します。

jetXpertの医療分野での利用

世界中のインクジェット、ディスペンサー、
インクメーカー、ソリューションベンダーから選ばれています。

    この製品についてのお問い合わせ

    必須会社名
    部署名
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    必須 電話番号
    必須 郵便番号
    必須 都道府県
    必須 ご住所
    必須 お問い合わせ内容 (必須)  
    お問い合わせ内容




    お問い合わせ

    製品に関するお問い合わせ、お客様のアプリケーションの適合性確認・ご相談、御見積など
    お気軽にお問い合わせください。各種ツールによるオンライン会議にも対応しております。

    03-5542-6754

    アルテック株式会社 製品担当部署:AS営業部

    「ASサイトの製品について」とお伝えいただくとスムーズです。