製薬・医療分野の研究で注目が集まる
微小液滴の飛翔観測システムとは

メディカル分野における微小な飛翔液滴の活用

製薬・医療分野の研究において、インクジェットや分注機(ディスペンサー)を用いた微小な飛翔液滴の活用が進んでいます。

例えば、分注機(ディスペンサー)を用いた試薬の定量吐出や、インクジェット技術を用いた遺伝子検査などに用いるバイオチップの製造等で活用されています。

求められる精度が非常に高いため、ごく微小な正しい量の液滴を正しい場所に着弾させるために、観測とチューニングが必要です。

観測と吐出設定のチューニングを
まとめて提供できるのがjetXpert

jetXpertはこの分野のデファクトスタンダードであり、世界中の研究や製品開発で活用されています。

インクジェット等の微小な液滴は、肉眼で視認できないため、正確に狙った位置に着弾しているかは専用のシステムで観測しなければわかりません。
また、1滴1滴の体積・分注量を個別に量るというのは大変です。

jetXpertを使用すると、飛翔中の液滴を1滴1滴個別に測定し、体積、速度、角度をデジタルで定量的に測定することが可能です。
また、その結果を見て設定を簡単にチューニングすることができます。

メディカル分野におけるjetXpertの活用ポイント

試薬の開発

例えば試薬の開発であれば、定量吐出をコントロールすることが重要です。
jetXpertを使えば液滴の体積が測定できるため、インクジェットヘッドや分注機(ディスペンサー)での精密な吐出をコントロールする上で役立ちます。

マイクロ流体チップの製造

マイクロ流体チップの製造でもインクジェット技術の活用が研究されています。
細胞の配置にインクジェット技術を用いるケースから、マイクロ流路自体の成形をインクジェットによるUV硬化樹脂の吐出により作成するという方法も研究されています。

3Dバイオプリンティング

3Dバイオプリンティングでは、産業用インクジェットヘッドを用いて細胞の吐出・配置を行ないます。速度が速すぎると細胞にダメージが生じる恐れがあり、逆にスピードが遅ければ狙った位置へ着弾させることが難しくなります。
また細胞を固定させるために吐出する液体の性質も特殊で、ノズルへの詰まりがトラブル
になるケースもあります。
それらを鑑みて最適な調整を行なうにはjetXpertは最適と言えます。

DNA研究・遺伝子検査薬分野

DNA研究・遺伝子検査薬の分野でも、インクジェット技術が活用されています。
正確な量を正確な位置に配置するためにjetXpertを活用いただけます。

世界中のインクジェット、ディスペンサー、
インクメーカー、ソリューションベンダーから選ばれています。

    この製品についてのお問い合わせ

    必須会社名
    部署名
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    必須 電話番号
    必須 郵便番号
    必須 都道府県
    必須 ご住所
    必須 お問い合わせ内容 (必須)  
    お問い合わせ内容