インクジェットに代表される
微小な飛翔液滴に関わる研究者様、製品開発者様へ

研究・開発を劇的に加速する観測システム
「jetXpert」をご存知ですか?

jetXpertは産業用インクジェットヘッドを用いた研究・開発における重要な課題を解決するために生まれた飛翔液滴観測システムであり、この分野における世界レベルでのデファクトスタンダード製品です。
今ではインクジェットのみならず、ディスペンサー、分注機等の飛翔液滴観測にアプリケーションを拡げ、その有効性が確認されています。なお、各産業用インクジェットヘッドに対応しているマルチベンダー対応システムです。

jetXpertを使うと
研究や製品開発で、良い結果に早く・ロジカル
辿り着けます。

研究・開発の際は、最適となる条件を探ることに多くの時間を費やします。

印刷分野であれば、出力の品質が良いこと、求める印刷速度に達することなどが挙げられ、バイオ・製薬分野であれば、意図したぴったりの量が正確な位置に着弾することなどを求めるでしょう。
理想の結果を達成するには、いくつもの要因を最適化した”解”となる条件の発見が必要です。

例えば

  • 液滴の吐出設定の最適化
  • 吐出する液体側の最適化
  • 着弾させる対象の濡れ性の最適化
  • 温度や湿度などの環境を最適化
  • UVインクを使う場合は、硬化時間や光源の最適化

このようないくつもの変数要因を勘と推測で調整し、その結果だけを見ていても正解に辿り着けるかどうかは運次第とも言えるでしょう。そこで重要になるのが「飛翔する液滴」を定量的に観測することです。

飛翔液滴、観測していますか?

飛翔液滴を観測すると、下記のようなことがわかります。

各液滴のサイズ(体積)
想定値と実際の液滴のサイズにはかなり乖離がある可能性があります。
各液滴の速度
速度は着弾時の結果に様々な影響を与えます。
各液滴の角度
微小な液滴を正確に着弾させる上で角度は重要です。
各液滴のサテライト滴の発生状況
サテライト滴とは、吐出したメインの液滴から分離して発生する小規模な液滴を指します。
このサテライト滴の発生状況が、着弾時の品質に影響します。

これらを調整するために、駆動波形の最適化を行ないます。

駆動波形の最適化とは?

液滴を吐出させる(駆動させる)ために、パルス信号を入力します。このパルス信号の形を変えることで、速度、液滴のサイズ、吐出の間隔が変わり、結果として液滴吐出の安定性や液滴の形、着弾結果が変わります。

望ましい結果を得るために、電圧の高さを変える、電圧を掛ける時間を変える、間隔を変える、複数のパルスを組み合わせるといった調整を行ないます。それが駆動波形の最適化です。

パターンは無数にあるため、通常手探りで少しずつ値を変えてテストすることになりますが、これが膨大な手間が掛かります。

jetXpertを使うと、特定の条件下における最適な駆動波形を
システマチックに効率良く導き出せます。

最適化の各工程において、見るべき観測ポイントと設定のセオリーがあります。
jetXpertは観測をしながら駆動波形の自動パターンテストができるため、ステップを踏んで論理的に適切な解を得ることができます。

世界中のインクジェット、ディスペンサー、
インクメーカー、ソリューションベンダーから選ばれています。

    この製品についてのお問い合わせ

    必須会社名
    部署名
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    必須 電話番号
    必須 郵便番号
    必須 都道府県
    必須 ご住所
    必須 お問い合わせ内容 (必須)  
    お問い合わせ内容